動画のためのグラフィックと演出を学ぶ

モーショングラフィックスを実際に演出する上でのポイントや、動画を作る上での画面デザイン(テロップ、フォント選び、構図、モーション)を学びます。動画をつくる上での基礎と不可欠ポイントがしっかりわかるオプション講座です。

受講時間 約9時間(2回) 定員 土曜/日曜コース :最大10名(最小開催人数5名) 場所 赤坂|THE VENT
セッションプログラム 開講予定日
土曜(山本講師) 日曜(山本講師)
動画における画面デザイン概論 ・動画の特徴、作る上で抑えるポイント
・モーショングラフィックスの歴史
・モーションデザイン各論・ワーク
5月6日 10:00〜16:00 5月7日 10:00〜16:00
動画における画面デザイン実践 ・オリジナルアイコンの制作
・動画に合わせたレイアウト・オブジェクト
・動画に合わせたタイポグラフィ
・動画の時間軸でのデザイン手法・ワーク
5月13日 10:00〜16:00 5月14日 10:00〜16:00
受講対象者
・ノートPCをご持参いただける方(Photoshop、Illustratorソフトインストール済/PC用バッテリー)
その他
・休憩時に「ロケ弁」のサービスがあります。
・スタジオ内は、FREE Wi-Fi環境があります。
・受講中に撮影した皆さんの様子や、つくられた作品を、Webサイトなどでご紹介させていただく場合がございます。
料金
デザイン for モーション 42,000円(税込45,360円)
コンプリートパックS(モーショングラフィッカー+ビデオグラファー+デザイン for モーション) 150,000円(税込162,000円)
コンプリートパックB(モーショングラフィッカー+デザイン for モーション) 107,000円(税込115,560円)

 

前回のデザイン for モーション授業の様子・受講生作品は、こちらをご覧ください。