HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


給料は過去からの贈り物

June 01, 2016

■■ コラムVOL.325
■■ 給料は過去からの贈り物


160601_tips

 
 
|給料は過去からの贈り物|
 
 
元営業、
現アプリケーションエンジニア。
 
そんな経歴をもつ彼が、
つい先日言っていました。
 
”ぼくは営業という仕事を
「ものを売る仕事」ではなく
「関係を育てる仕事」だと
考えるようにしていた ”
 
”それにより「やらされている」
 から解放され「楽しくやれる」 
 ようになった ”
 
そんな彼は、有名企業のなかで社長賞
をとるほど、大変優秀な営業マンだった
ご様子です。それで、このエピソード
を聞いて、なんとなく、考えたのは、
 
仕事を楽しんでいる人ほど、
 
「自分の仕事をより大きく眺め、
 その仕事に対して積極的に
 意義と喜びを持ち込む力がある」
 
ということ。
 
どうでしょう。
皆さんはその仕事を「大きく眺める」
ことができているでしょうか?
 
たとえば、より身近なところで、
給料がもらえる仕組みについて。
なぜ、会社は社員を雇うのか。
休職制度・産休制度の意味について。
 
考えたことはあるでしょうか。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
なんで会社は人を雇うのかって?
 
それは1日や1ヶ月では作り出せ
ないもっと大きな未来を作る為ですよ。
 
会社は永久に存続して利益を拡大し
続け、競合に勝利するために研究や、
開発や、営業や、企画をしないと
いけないわけでそういうことは日次
の労働に対しての損益では見れない
からもっと長期で採算を取らないと
いけないわけです。
 
多くの会社員はこれに携わって
毎日四苦八苦しているわけですよね。
 
でも、「今日の給料」に関しては、
他の誰かが稼いだお金、、、どころか、
もしかしたら過去の誰かが作った
儲かる仕組みによって支払われて
いるわけです。
 
もちろん、未来の価値を現在に割り
戻して「自分は毎日給料分の仕事を
している!」と胸を張ることも別に
OKですけど、であれば、病気の人
だって以前頑張った利益への貢献や、
復帰してからする未来の利益貢献を
担保に現在価値に割り戻して胸を張
って休んでもいいわけです。
 
(中略)
 
会社に勤めている人は、その会社の
基幹ビジネスを作った過去の功労者
の生み出した利益、ちょっと前に
ハイパフォーマーが叩きだした利益
の配分を規定に沿ってシェアしながら
未来の利益を作り出せるように協力
してがんばっているわけです。
 
僕らはビジネスパーソンとして
そういう組織で大きな結果を
出す為に協力するのが仕事です。
 
 

(転載元)ベンチャー役員三界に家なし
都呂須 祐(ユウタロス)
http://d.hatena.ne.jp/grand_bishop/20140610/1402398947


  
//////////////
 
 
もちろん、会社の未来に対する貢献を
する意志がない人、生産性のない仕事
ばかりしている人がいたら、モヤモヤ
して当たり前。
 
でも、未来に対する貢献意志のある
チームやメンバーの中で、
 
「自分がいないと会社ダメじゃん!」
とか、
「給与が対して変わらないあいつは
 ミスばかりしてる!」
とか、
言っている人はいま一度大きく捉え直す
必要があるかもしれません。実は給料を
もらえる仕組みは、もっと大きなある
枠組みの中で成立しているということを。
 
また、クリエイションも一緒で、自分が
編み出した!と思っていたアイディアも、
実は昔からあったものだということは
多いはず。
  
そのことが分かったときはじめて、
過去から未来の狭間に自分がいるという
大切なことが、わかるようになるのでは
ないかと思います。
 
「自分の仕事をより大きく眺め、
 その仕事に対して積極的に
 意義と喜びを持ち込むこと」
 
働く上で、この姿勢は
とても大切だと思います。
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html





pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.