HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


おじさんが新しいものを毛嫌いする理由

August 04, 2016

■■ コラムVOL.334
■■ 年配者が新しいものを毛嫌いする理由
 
160804_tips
 
「変化に適応するのが苦手」
 
こう聞くとなぜか「中年」の
人物像が浮かびあがりますね。
 
これって、なぜでしょう??
 
考えてみれば、だれにでも
少なからずこの要素はあって。
 
なにかが違う、違和感があると
わかってはいても、やり続けて
しまうこと、使い続けてしまう
”習性”のようなものがあります。

また、仕事なんて、とくにそうで、
自分の中に生じた小さな違和感を
重視して、立ち止まる時間を与え
られないことの方が多いし、とり
あえず形にするためには、ネガテ
ィブな違和感に、いちいち向き
合っている余裕なんてないことが
多い。
 
そうしているうちに、違和感は
いつも置き去りにされ、見事に
「変化に弱い自分」
「新しい物事に抵抗する自分」
ができあがっていくのではないか
と思うのです。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
「おっさんが新しいものを
 毛嫌いする理由がわかってきた」
 
 
以前はただ、新しいもの
を受け入れるのは億劫で
そもそも興味がわかない、
ということだと思っていた
 
しかしそれは違った
(中略)新しいものが
「新しく見えない」からだ
 
(中略)
 
長い時を歩んできた
おっさんからすれば
昔そういうのあったな
という風に(中略)
似たようなモノに
うまくカテゴライズ
してしまうんだろう
 
「はいはいまた焼き直しね、
ちっとも進歩ねーな」的
知ったかぶりの態度こそ、
(中略)おっさんそのもの
に見られているのだ
 
歳を重ねるにつれて
「新しく見えないモノ」
はどんどん増えていくに
違いない
 
恐ろしい、恐ろしい


 

(転載元)はてな匿名ダイアリー
「おっさんが新しいものを毛嫌いする理由がわかってきた」
http://anond.hatelabo.jp/20160511000626

 
  
//////////////
 
 
 
どうでもよいことは
流行に従い、
 
重大なことは
道徳に従い、
 
芸術のことは
自分に従う。
 
 
これは映画監督である
故・小津安二郎さんの言葉です。
 
日常の些細なことは、流行に
乗るくらいがちょうどいい。
うんうん、と妙に納得します。
 
わたしたちは、経験とともに
”万能感”に満たされる機会が多く
なります。自信もついてきます。
 
ですが、その状態にもなんらかの
弊害があって、いつか通用しなく
なるときがくるかもしれないし、
新しい、を楽しめない自分に気付
くことがあるかもしれない。
 
時代に取り残されないためには、
気軽に、気楽に、力を抜いて。

小難しいことは考えず、新しい、
をいつも楽しめる自分でありたい
ですね。


 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.