HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


若く見える人の「3大能力」

November 30, 2016

■■ コラムVOL.349
■■ 若く見える人の「3大能力」
 
161130_tips
 
 
| 若く見える人の「3大能力」 |
 
 
実年齢よりも、
若く見える人と、
老けてみえる人がいます。
 
見た目との関連性もありますが、
ここでは「内面・感性」の視点で
「若さとは?」を考えてみたいと
思います。
 
たとえば、こういう人。
 
「きまって昔話に花を咲かせる」
「同じ相手とコンスタントに
 飲み会を開き愚痴を言い合う」
 
どうでしょう。
 
「実年齢に比べて落ち着いているね」
と言われる程度であれば、まだ問題
ないのですが、ここまでくると
「老いている」という印象が残ります。
 
そう感じる理由は、たぶんその場に
”情報のアップデート”がないから。
話すネタがいつも一緒というのは
「老い」を感じさせる典型例です。
 
 
< 感性の若さを診断する >
 
この3つのうち、みなさんは、
どの力を持っていますか?
 
1)忘れる力
2)スルーする力
3)いい加減力
 
またみなさんの周囲にいる「驚くほど
若いな!」と感じる人を思い浮かべた
とき、これら3つの力を感じたりは
しませんか?
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
何歳になってもキレイを引き寄せて
いる人には、3つの力がある。それが、
 
 
「忘れる力」
 
「スルーする力」
 
「いい加減力」
 
 
1)「忘れる力」
 
忘却は、脳の正常な働きであり、
人間は忘れるようにできています。
それは、脳が生存にかかわる重要
な情報を優先して記憶しておくため
です。ただし、完全に記憶が消去
されてしまうわけではなく、
“思い出す”ことはできます。
(略)
感受性の強い人ほど常に嫌なことを
思い出し、そのときと同じように嫌
な気持ちになって自分を追い込んで
しまう。(略)無理に思い出す必要
なんてないのです。
 
2)「スルーする力」
 
スルーする力とは、端的に言えば、
「嫌なことは無視・聞き流しましょう」
ということ。
たとえば、誰かにネガティブなことを
言われて傷ついたとします。しかし、
負の感情に振り回されて相手を攻撃
したり、いつまでもウジウジ考えたり
しても、“ネガティブなことを言われた”
事実は変わりません。それどころか、
こちらは神経をいら立たせ、疲れ果てて
いるのに相手に全く悪意がない場合も
あるのです。そうであれば、スルーした
ほうが脳の健康にとってもいいことだ
とは思いませんか?
 
3)「いい加減力」
 
いい加減力とは自分の苦手な部分を周り
の人たちにフォローしてもらうことです。
(略)人は万能ではありません。そこで
自分の存在を誇示しても、苦手なことまで
抱え込んではかえっていい結果は出せません。
(略)「自分にできないことはやらない」
「無理をしすぎない」「何でも責任を背負
い込むことに価値を感じない」ことが肝要
です。
 
 

(転載元)かもめの本棚
『キレイを引き寄せる脳との付き合い方』
http://www.tokaiedu.co.jp/kamome/contents_i53.html


//////////////
 
 
わたしたちは日々多くのクリエイター、
多くの企業との出会いがありますが、
年齢問わず、瑞々しい感受性を前に
したとき、きまって、
 
「 若さは、身軽さだ 」と感じます。
 
もちろんここに、身体的身軽さ(身体が
締まっているとか、ほどよく鍛え上げら
れているとか)が加われば、さらにです。
 
つまり、
「身軽を楽しむ」ことを自分に許して
いるひとほど、若くみえる傾向がある
のではないかと。
 
だから、
仕事は苦しい(荷が重い)くらいじゃない
と気が済まない、ついつい重たい方を選ん
でしまう、そんな人がもしいたら、内面の
若さ、瑞々しい感受性を失いすぎてやいな
いか、すこし内省してみるといいのでは
ないかと思っています。
 
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.