HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


動きが止まりやすい人の傾向

May 11, 2016

■■ コラムVOL.322
■■ 動きが止まりやすい人の傾向

160511_tip

 
「 無知の知 」
 
という言葉があります。
 
真の知への探求は、まず自分が
無知であることを知ることから
始まる、という由緒正しい言葉です。
  
わたしたちは、
どんなに勉強しても、
どんなに想像しても、
(少し賢くはなるけれど)
「知り尽くす」ことはありません。
知の深さにただ、たじろぐばかり。
 
知るほどに、怖くなり、
知るほどに、守りたくなり、
知るほどに、動けなくなる。
 
「知り過ぎる」ことは決断力の
低下に繋がり、脳を使って考えす
ぎる人ほど、身体の動きが止まる
傾向が見受けられます。
 
では、わたしたちは日頃から
「知ること」「考えること」に
ついてどんな姿勢を保っていく
必要があるのでしょうか。
 
今回は、『マツコロイド』の生みの
親として知られる、ロボット研究者、
石黒浩さんの著書『アンドロイドは
人間になれるか (文春新書)』から
の転載です。
 
子どもの頃から「人の気持ちをもっと
考えなさい」と言われて育った石黒さん
が「人間の心」の再定義を行いながら、
ロボットやアンドロイドの開発に向き
合った自伝的内容です。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
研究していると、
ひとつわかってきた。
 
「人の気持ちを考える」
 
を理解するための人工知能を作る
ためには、脳の神経回路を研究し
真似しているだけではダメだ、と
いうことである。
 
体なしの人工知能は、
ありえない。
脳しかない人間は、
賢くなりえないのだ。
 
体がなければ何も「経験」ができず、
経験がなければ過去の出来事を次の
行為にフィードバックすることが
できない。
 
たとえば手を刃物で切ってしまった
子どもは血を流し、痛みを感じ、
泣きながら「今度から気をつけよう」
と思うだろう。
 
経験が人を賢くする。
 
そのためには「感覚」が必要であり、
感覚で見聞きした情報を使ってみる
体がなければいけない。
 
人工知能には動く体が必要だとわかり、
僕は身体のある人工知能、ロボット
研究に没頭することになった。
 

(転載元)アンドロイドは人間になれるか (文春新書)
石黒 浩 (著)[AMAZON]
http://amzn.to/21Ww0DU

  
   
//////////////
 
 
生物学の世界では”動きが止めた
種は滅びる”と言われています。
 
わたしたちに必要な姿勢とは、
「無知の知」を自覚する度量と
冷静さをもつこと。たくさんの
成功と失敗を繰り返し、体験から
学ぶこと。行動により運や縁を
引き寄せること。そうやって、
生き延びていくほかないのかも
しれません。
 
人口知能をもったロボットから
学べることはたくさんありそうです。
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html





pagetop

わたしたちの「 仕事と義務 」

April 28, 2016

■■ コラムVOL.321
■■ わたしたちの「 仕事と義務 」
 
160428_tip

 
ひとつの会社に、腰を据えて
働いてきた人のお話をきくと、
 
「会社からの信用」
 
が大きいケースが多いように思います。
もちろんそうでない場合もありますが、
でも、ひとつだけ、間違えなく言える
のは、信用のある環境は、わたしたちに
とって「居心地がよい場」だということ。
 
では、この「信用」は、一体どうやって
築かれていくものなのでしょうか。
 
何でもソツなくこなせること?
特定分野で成果を発揮すること?
継続してやりつづけること?
 
いえ、案外、わたしたちは「会社の信用」
について、曖昧に定義してしまっている
ように思うのです。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
子供に、
 
・義務(しつけ)
・仕事(付加価値創出)
 
をはっきり区別して教える。
 
汚さない、騒がない、
散らかしたおもちゃを
自分で片づける、
といったことは「義務」。
 
自分が散らかしたわけでは
ないところを掃除したり、
ものを運んだり、郵便物を
開けたり、洗濯や料理を
手伝ったりしてくれたら、
それは「仕事」。
 
仕事をしたら、その都度、
少額のお金を与え、一緒に
貯金箱に入れていく。
 
自分で仕事をして稼いだ、
自分のお金だ。
 
貯金箱がいっぱいになったら、
中から取り出したお金を持って、
一緒に買い物に行き、
「何でも好きなものを
買っていいよ」といって
自由にさせる。
 
ただそれだけのことだ。
 
 
 

(転載元)現代ビジネス
マニラの財閥オーナーに教わった
「労働対価型おこづかい制度」という金銭教育法
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44031


 
   
//////////////
 
 
これはマニラにいる財閥、つまり、
お金持ちのオーナーさんが、自分の
子どもたちに、ただしい金銭感覚を
身につけさせるために行っている
「労働対価側おこづかい制度」の
紹介文です。
 
たとえば、これを、わたしたちの
会社や仕事に当てはめたとき、
 
・遅刻欠勤等の勤怠
・仕事の納期
・環境の整備
 
あるルールに従うのは「義務」
 
・顧客満足度
・サービス品質
・営業活動
 
ある付加価値を提供するのが
「(義務ではなく)仕事」
 
こう捉えることができるのでは
ないかと思います。また同時に、
 
・義務は、相手の信用に紐付き
・仕事は、相手の期待に紐づくもの
 
と捉えた場合、会社における信用とは、
まずこの「義務」を着実に行使する
ことに限るのではないか、と。また、
会社側は、みなさんの「仕事」に対し
都度の評価・自由を提供していくこと
が大切だ、ということがわかります。
  
もし今、みなさんのなかに、
 
「なんとなく職場がしっくりこない」
「なにか信用が足りない気がする」
 
そんな風に感じる人がいるならば、
まずは「義務」の部分を捉えてみる。
その組織における「義務の定義」を
根本的に把握しなおしてみる。
 
その上で、なにが障壁になっている
のか、焦らず考えてみるとよいのでは
ないかと思っています。
 
なんだかすごく当たり前のような話
ですが、、でもこれは意外と大切な
観点だと思っています。
 
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html





pagetop

はさまれる人の横暴

April 21, 2016

■■ コラムVOL.320
■■ はさまれる人の横暴
 
160421_tip
 
こういう人、いませんか?
 
自分に対してやたら無茶な
要望を投げてくる仕事相手。
 
歩み寄ろうと努力してみても、
折り合いをつけようと提案を
してみてもガンとして動かず、
お手上げ状態。
 
困りますよね、本当に。
つられてこちらも、つい
感情的になったりして。
 
大げさに表現されるもの、
偏りすぎる見解など、
わたしたちの”恐怖心”や
”不安”を煽るものには
十分な注意が必要です。
 
そういうときこそ、冷静な
判断力が、試されています。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
  
 
商社マンとしてのNさんは、
営業に関するウンチクも
深かった。
 
なるほどと思ったのは、
「無茶な要求を言ってくる
客は、かならず誰かに言わ
されていると思え」。
 
確かにその通りで、
相手の上司か誰かが
無謀なことを言い出して、
担当者は半分困り果てて
こちらに電話している、
てなことが多いものである。
 
そうと思えば腹も立たないし、
この担当者に恩を売るチャンス
だと考えればいいわけだ。
 
これって応用範囲の広い
教えだと思います。
 
 

(転載元)かんべえの不規則発言
http://tameike.net/comments.htm


  
//////////////
 
 
過度の睡眠不足とか、
自己肯定感の欠如とか、
強いストレスがかかる環境とか。
 
わたしたちは、これらの状況で
いとも簡単に
感情のコントロール機能を失い、
思考の一貫性も、奪われます。
 
だからもし、恐怖や不安を煽って
くる相手に出会った時は、どうぞ
冷静なご判断を。
 
そして時には「逃げる勇気」を
もって対処していただきたいと
思っています。
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html





pagetop

Page   6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.