HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


表現者の背骨

October 13, 2016

■■ コラムVOL.343
■■ 表現者の背骨
 
 
161013_tips
 
 
| 表現者の背骨 |
 
 
・ミスをする自分が許せない
・間違えることがとにかく怖い
・相手から反論されるのがイヤ
 
こういう人って結構います。
これって、なぜでしょう?
 
間違うことに対する恐怖は、
価値の判断基準が自分の「外」に
あるから。基準を外部にゆだねて
いるから。
 
もし、みなさんが自分自身を
「表現者」として認識している
場合、外部に依存した優等生を
きどるのは、あまり賢くない気
がします。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
精神的な背骨がある人は、自分が
間違えることをだいたい許容できる。
自分の判断基準からしてどうでも
良いことならば、間違えたって直し
てより良いものにしていけば良い
だけだから。
 
(中略)
 
一方、精神的な背骨が無い人は、
いかなる間違いも許容できない。
なぜならば、判断基準は外にある
ためどの間違いが自分に致命的で
どの間違いが自分に致命的でない
かが判断できないから。
 
だって、判断するのは他人。
完璧に振舞いたいのだけど、
どう振舞えば完璧かわからなくなり、
自信が無くなり、自分が嫌いになる。
まるで、プライドを殻にした甲殻類
みたいになるんだ。判断基準は外に
あるので、自分が取れる選択肢は
 
「他人に嫌われないようにする」
「他人にかっこ悪いと思われないようにする」
「他人にできない奴とみられないようにする」
 
というものしかない。
強化も変更もできないんだ。
 
(中略)
 
表現者は、外の世界に自分の考えや
思いを問うのがその存在意義だ。
外に問うということは反論を食らう
ということなので、皮膚は破れ、
肉は断たれる。でも、骨は守る。
 
傷を癒し、身のこなしを鍛え、骨を
強化し、場合によっては骨を入れ替え、
再び世の中に自分の考えや思いを問う。
考えや思いを外に問わなければ何も
始まらないから、ただ、そうする。
 
だから、君がもし表現者になりたい
のだとしたら、精神的な背骨を手に
入れる必要がある。
 
 

(転載元)発声練習
『価値の判断基準が自分の外にある人間は表現者になれない』
http://next49.hatenadiary.jp/entry/20090222/p2


//////////////
 
 
組織や周辺環境に価値基準を合わせ、
そこに最適化することは、時として
とても大切なこと。組織のカルチャー
にフィットすることとか、効率とか
生産性とか、そういうことを追い求
めるほどに自分のパフォーマンスが
最大化する気がしますよね。
 
でもその一方、最適化「しすぎて」
しまうこと、つまり、組織や他人が
自分をどう思うかを基準にしてしま
うことの弊害もあり、依存によって
現状から動けなくなるリスクに直面
するのではないかと思います。
 
仕事をする上で、まずは最適化の
”越えてはいけないライン”を自覚
すること。そして表現者として、
 
「なにかを良いと思う理由が
 きちんと自分のなかにある状態」
 
を維持してほしいと思っています。
 
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop

飲み込みが早い人・遅い人

October 06, 2016

■■ コラムVOL.342
■■ 飲み込みが早い人・遅い人

 


 
| 飲み込みが早い人・遅い人 |
 
 
真面目で素直な人に限って、
 
「手を抜くことは悪いこと」
 
と、考える傾向がありますよね。
いえ、日本には、比較的そういう
文化が根付いているように思います。
 
その一方、世の中に存在する多くの
ルールや仕組みは、言ってみれば、
「手を抜くため」に存在していて。
わたしたちの時間や手間を省くため
にあるものです。
 
つまり、
 
「面倒くさがりが、便利を作る」
 
こういうことではないでしょうか。 
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
会社でいわゆる
「飲み込みが早い人」
をずっと観察していたことが
ある。そうすると、なんとなく
ではあるが、飲み込みが早い人
と普通の人に違いがあることが
わかってきた。
 
例えば、何か新しい知識を
習うことになったとする。
 
普通の人は、教えてもらった
ことを1つでも多く覚えようと
努力する。
 
一方で、飲み込みが早い人は
なるべく覚えるものを少なく
しようと努力する。
 
枝葉を徹底的にそぎ落とし、
これを覚えてないともうどう
しようもないという部分を抽出
してそこの部分の学習に集中する。
 
そういった取捨選択を、
自然にやっている。
 
(中略)
 
結局のところ、
 
「飲み込みが早い人」
 
の多くは頭の回転が人の3倍早い
とか、人より記憶力が10倍いい
とかそういうことではなくて、
 
力の配分に優れている
 
ということなのだ。
 
 

(転載元)脱社畜ブログ(日野瑛太郎)
「飲み込みが早い人」は何が違うのか
http://bit.ly/1c7UpM2

//////////////
  
 
「飲み込みが早い」人、つまり
要領良く物事を吸収できる人の
視座は、一段二段、普通の人より
高いのかもしれませんね。
 
仕事を言われた通り、間違いなく
こなすことに没頭するのではなく、
言われた仕事の何が重要で何を捨
ててもよいのか、理解する能力に
長けている。
 
さらにもっと高いレベルになると、
 
・その仕事はなぜ生まれたのか
・実行することの意味はなんなのか
・本来やらなくてもいい可能性はないのか
 
という「問い」を理解するところ
まで能力が昇華されているのでは
ないかとも思います。
 
仕事とは、どう応えるか?以上に
どう問うか?の能力で評価されます。
 
もし「飲み込みが遅い」と自覚して
いる人がいたら、まずは「捨てる」
ことに集中してみる。減らすことで
自分を軽くしていく。そうするうち
に思考に隙間ができて、新しい物事
の吸収力が高まってくるのではない
かと思っています。
 
あっぱれ、面倒くさがり!
 
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop

めんどくさい認定

September 28, 2016

■■ コラムVOL.341
■■ めんどくさい認定
 
160928_tips
 
 
| めんどくさい認定 |
 
 
「があああああ!自分って
 ほんっと、めんどくさい!」
 
こうやって、自分のなかに
「めんどくさい人」を感じた
ことはありますか?
 
たぶん、ありますよね。
いえ、厳密にいえば、だれにだって
ある一部分かならず、めんどくさい
要素はあって。
 
うじうじ考え過ぎるとか、
気分が変わりやすいとか、
だれかをねたましく思うとか。
 
自分はどんな条件が揃うと、めんど
くさい人になってしまうのかをある
程度自覚しておくのは有益ですよね。
すこしだけでも防止することができ
るし、だれかに余計な迷惑をかけず
にすむ。
 
たとえば仕事の現場でも
 
【めんどくさい認定】
 
されている人って、たまにいますよね。
 
” あーまただ…
 あの人いるだけでこじれるし
 みんな、疲弊するんだよね…”
 
たまに、でも、確実にいます。
 
もちろん、どんな人でも受け入れて
愛することができるのであればいい
のでしょうが、組織全体を考えると
そんな平和にはいきません。
 
でも、そもそも
めんどくさい人って、なぜ、
めんどくさいんでしょう?
 
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
めんどくさい人とは何か?
 
それは気分屋で、
突如仕事を投げ出したり、
そういったそぶり(脅し)で
他人をコントロールしようと
するので、機嫌を伺ったり
なだめすかす必要があり、
また裏でいろいろ言って回って
人間関係をこじれさせる人だ。
 
つまり「調整コスト」が
かかりすぎる人=めんどくさい人
 
こういう人はいくら作業的に
有能だったとしても、関わる
あらゆる人の「調整コスト」を
膨大に削っていくことになり、
心のエネルギーを奪うため、
かかわる時間が長ければ長いほど、
負の影響の方が大きくなる。
 
(中略)
 
「仕事ができる人」とは、
一切のめんどくさいことを
言わずに、目的を伝えるだけで
淡々と達成してくれる人。
 
周囲との人間関係も良好に
保ち調整コストを発生させない。
気持ちよく仕事ができるため
周囲にエネルギーを与え物事は
ぐんぐん進む。


 

(転載元)西條剛央さん ( @saijotakeo )
による、めんどくさい人についての一般論
http://togetter.com/li/211008

//////////////
 
 
調整コストがかかる人の事例はたぶん
その他にもたくさんあって、新プロジ
ェクトをスタートする上で、類似事例
を求めすぎたり、頼まれた仕事に明確
な目的がないとひとつも動けなかったり、
早期鎮火が必要な事案に対し、まるで
火に油をそそぐような正論をぶつけたり
  
・・・
  
実際、みなさんご自身の「調整コスト」は
どのくらいで見積もることができるでしょう?
 
たとえば「物事へのこだわりが強すぎる」
場合、意外と周囲にめんどくさがられる
傾向がありますが、でも、社会で活躍する
優秀なクリエイターほど元来の「こだわり
の強さ」を仕事力にうまく変換している
傾向があるように思います。またそういう
人のこだわりは、基本的に「自分宛」の
もので、決して「相手宛」ではないよう
にも感じます。
  
【めんどくさい認定】されないために、
時間とともに、その場の負担や負荷を減らす
役割を担っていきたいですね。



▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop

Page   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.