HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


振り返りたがる人の判断力は低い?

September 01, 2016

■■ コラムVOL.337
■■ 振り返りたがる人は判断力が鈍い?
 

160901_tips 
 
 
| 振り返りたがる人は判断力が鈍い? |
 
 
「その場では出てこないアイディアも
 振り返ってみると結構出るんだよね」
 
あるあるです。
 
「瞬発的な判断力」を養いたいと
考える人は、案外多いものでして。
またその多くは、
 
自分は融通がきかない とか、
臨機応変さがたりない とか、
 
そういう自己分析をする傾向が
あるように思います。
 
また世の中では、判断力を養うためには
「身体で覚えること」が大切だと、よく
言われていて。
 
身体をつかって何度も経験すること。
自前の判断力が自動で働くくらい
繰り返し現場訓練すること。
 
つまり「いくら知識を増やしても判断力
はそんなに向上しませんよ」ということ
なんだと思います。これは、わかります。
 

 
クリエイションに関わる皆さんが
仕事現場で求められる判断力には、
主に2つの種類があって、
 
・その場で判断して行動する
 ためのよりリアルタイムな判断力
 
・過去のデータからパターンを
 見い出し、最適化・具現化する
 ための判断力
 
この両方を求められるケースって
結構多くあると思います。
 
考えてみれば、この2つが指す
ベクトルって全く方向が違いますよね。
異なる能力と捉えてもいいくらいに。
  
では、これら2つの能力は、
「身体で覚える」ことによって
十分養うことができるのでしょうか?
慣れればできるようになるのでしょうか?
 
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
  
 
「後から振り返って考えると、
 言うべきだったことや
 出すべきだったアイディアを
 思いつくんだけど、その場で
 咄嗟に出てこないんだよねー」
 
って話を聞くことがある。
実際、この二つの処理って、
脳の動作モードが全然違う。
 
(中略)
 
芝居の練習では、
この二つのモード、及び身体的
記憶は意識的に区別される。
 
通常の芝居では、結末までの内容
というのは既に脚本に書かれている
わけだから、いわば「未来のデータ」
も全てわかっている状態にある。
 
ところがそこで 「振り返りグロー
バル最適化」モードで演技してしま
うと、演技がとても嘘くさくなる。
生身の人間は、未来がわかった上で
現在の最適な行動を 選んでいるわけ
ではないからだ。
 
(中略)
 
既に分かっている筋書きを一旦忘れて、
未知の未来に向かって、今そこにある
出来事に新鮮に反応してゆき、その
反応が結果的にあらかじめ書かれた
台詞や筋書きにたまたま沿ってしまう
ようにする。演技術というのは
そのためのテクニックだ。
 
(中略)
 
私が何回か一緒にやった演出の人は、
稽古場の心得として次の3ステップを
挙げていた。
 
・wash the dishes
 
やるべきことを済ませておけ、
ということ。集中の邪魔になる
懸念事項を片付けて、場面に
飛び込むために心の中を整理
整頓しておく。
 
・just do it
 
とにかくやってみる。
あらかじめ「ああしてやろう」
といろいろ考えて その通り動く
のではなく、やりながら「いま
やったのはこうすればよかった
かも」なんて振り返ることも
しない。振り返りのスイッチを
わざと切って、「フィードフォ
ワード実時間選択」モードで
突っ走る。
 
・then talk
 
それが終わった後で、今何が
起きたかを分析する。これは
「ああすべきだった」という
批評や反省ではなく「なぜ
自分はああいう判断をした
のだろう、なぜあそこで
こんなふうに感じたんだろう」
という分析だ。
 
 
 

(転載元)Island Life
『身体で学ぶ?』via Shiro
http://blog.practical-scheme.net/shiro/20130429-duality

//////////////
   
 
未来の全容(脚本)を知りながら、
まるでまったく知らなかったかの
ように、新鮮に、臨機応変に、
反応(演技)できる役者さんの能力
や演技術に、学べることが多く含ま
れているのではないかと思います。
 
わたしたちが判断力を磨くためには、
 
・「身体」で覚えて考えなくても
 同じことを正確にできるように
 して、「頭」で考える創造の時間
 をできるだけ捻出すること
   
・未知の領域に飛び込んでみて、
 飛び込んだあとは、意図的に
 ”振り返りスイッチ”をオフに
 すること
  
・ある程度、結果がでたら振り返り
 スイッチをオンにして、起こった
 ことを冷静に分析すること
  
臨機応変に、且つ、過去から学び
行動する能力とは、こうした流れで
培われていくのだろうと感じました。
 
 
 
▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop

時間・お金・技術の三角形

August 24, 2016

■■ コラムVOL.336
■■ 時間・お金・技術の三角形
 
160824_tips
  
|時間・お金・技術の三角形|
 
 
仕事も趣味も家族も
ぜんぶ大事にしたい。
バランスよくぜんぶ。
 
わかります。
 
でも事実、これらすべてを手に
入れることが容易ではないこと
を私たちの多くは知っていて、
日々は「トレードオフ」の連続です。
 
何かを手に入れるためには
何らかを犠牲にする必要があり、
その時、私たちにできることは、
トレードオフが生じる前に
「何を捨てるか」を意識的に
選択することだと思っています。
 
いえ、様々に「選択の自由」が
ある場面だって同じです。自由度
が高いからこそ、判断のガイド
ラインになりうる「優先順位」
を自覚することはとても大切です。
 
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
「自分」
 
を中心に、
 
「時間」
「お金」
「技術」
 
の三角形をつくり、
 
その中で何がいちばん
大事で、ほしいのかを、
各自考えて書いてもらった。
 
「技術がある/ないに合わせた
 正三角形の面積」は変えられ
ないということを説明し、ただ
同じ面積だったらそのバランス
は自分で決められる、ということ
にしてみた。
 
技術(できること)が少ないけど、
時間がほしい場合、
お金はたくさんもらえない。
 
技術(できること)が少ないから、
技術を増やしたい場合、
時間はいらない(長い時間働く)けど、
お金をそこそこもらえる。
 
技術(できること)が多くて、
時間も仕事に使いたい場合、
お金をたくさんもらえる。
 
など、自分でバランスを
決めてもらう。
 
全部は無理なんだよ、
ということをわかって
ほしいのと、何をいちばん
大事にしたいか選ぶことは、
それ以外を犠牲にするか、
足りない部分を伸ばさなく
てはいけないんだよという
ことを知ってほしかった。
 
会社やお店のために
仕事ができるように
なってほしいわけではないと。
 
 

(転載元)日経ビジネスONLINE
『「面白い」をビジネスにする方法:糸井重里さん
第1回 自分で「やる」と決めたことは、絶対喜んでやる』
http://nkbp.jp/2bzSG8Z


//////////////
   
 
みなさんはいかがでしょうか。
 
自分らしいトレードオフの
三角形を自覚できないと、
どこか、その会社、その業界
に依存した仕事力が増幅され
ていきます。
 
またこれら自分らしい三角形
を自覚したのちに、今度は、
選んだ職場、選んだ仕事で、
 
・出番を確保し
・評価を受け
・自信に繋げる
 
そうすることで、結果的に
その人らしい仕事、
その人らしい働き方が
見つかるのではないか?
と、考えています。
 
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop

美しい、を取り戻す旅

August 10, 2016

■■ コラムVOL.335
■■ 美しい、を取り戻す旅
 
 
160810_tips
 
|美しい、を取り戻す旅|
 
 
この夏のご予定はありますか?
 
三連休とか、シーズン休暇とか、
まとまった休みの使い方って、
それぞれの個性が出ますよね。
 
先日久しぶりに会った友人は、
休みがあると、すぐに旅行に
でかけていきます。
 
国内・国外問わず、休みの長さに
応じて旅先を選んでいる様子。
ときどき、ちょっと取り憑かれた
みたいに、旅ばかりしています。
 
でも考えてみれば、ディレクターと
して一線で活躍している彼女には、
時間とか体力とかいろいろな制約が
あるはずで。
 
だから先日久しぶりに会ったときに、
旅に出る理由を、聞いてみました。
 
「なぜ、そんなに旅をするの?」
 
「自分のなかにある、”美しい”を
 再確認するため、かもしれない 」
 
いわく、なにかを良いと思う理由が
他人の目じゃなく、自分のなかにある
という状態をキープしたいと。
 
あの人の美しさ。この人の美しさ。
あの企業の美しさ。この企業の美しさ。
忙しい日々を過ごしていると、
他人のいろんな”美しい”が押し寄せて、
自分の”美しい”という感覚が麻痺して
しまうように感じるのだそうです。
 
なるほど。
  
自分のなかの”美しい”を取り戻しに
いく旅という行為は、彼女にとって
儀式みたいなものなんだろうなと。
 
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
  
 
美に関することが
苦手な人は少なくない。
 
自分には美的センスがないと
頑なに信じている人がいる。
 
どうして、そんなに美を
忌避するのだろうか?と思う。
 
美を感じるセンスは個性だから、
教育などを通じて学ぶことは
むずかしいともいう。
 
(中略)
 
僕は基本的に
モノは買ったばかりが
一番カッコ悪いと思っていて、
汚れたり、傷ついたり、
身体に馴染んだりしてきて
はじめてカッコよくなるし、
工夫のしがいもあるように
なると思っている。
 
工夫は、自分のなかにある
美の基準を実現するための
モノとの共同作業だと思う。
 
(中略)
 
美をわかるようになるというのは、
主観を磨くということであって、
これが美だと定義できるものでは
ない。むしろ、客観的に美を見出
そうとした瞬間、美は逃げていく
だろう。
 
(中略)
 
一方で、なぜ美を忌避する人がいるか
という理由のうちのひとつもそこから
見えてくる。
 
つまり、自分に向き合うことが苦手で、
客観的な見方、判断がなければ生きら
れない人にとっては答えのない/答え
を自分のなかから見つけ出さなければ
いけない美は触れることが不安なもの
なのだろうと思う。
 

(転載元)DESIGN IT! w/LOVE
『美しい生活を探しに』
http://bit.ly/2b7XAy9

//////////////
  
 
カタチにする力とか、
コミュニケーション力とか、
一般的に「才能」みたいに
言われることが多い能力も、
ある程度、しっかり学んで
経験さえ積めば、それなりの
レベルまでは到達できます。
 
でも、”美しい”といった感覚
に関しては、そうはいかない。
 
誰かから教わって学ぶものではなく
「主観」を磨くことによってのみ、
洗練され、醸し出されるものです。
 
できれば、
誰かに用意された美しいではなく、
自分のなかにある美しいをたくさん
見つけられるようでありたいですよね。
 
”美しい”を取り戻しにいく旅。
友人にならって、
この夏、取り戻しにいこうと思います。
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
http://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop

Page   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.