HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


ボジョレー・ヌーヴォーのアピール力に学ぶ

December 02, 2010

■■ コラムVOL.60
■■ ボジョレー・ヌーヴォーのアピール力に学ぶ
 
quality
 

自分の長所を5つ言いなさい、という質問と、
自分の短所を5つ言いなさい、という質問。
さて、言葉に詰まらずスムーズに答えられるのはどちらでしょうか?
 
多くの人は短所を5つあげることの方が簡単だと感じる、という話を
耳にしたことがあります。自分の長所を探すには客観性が必要、
一方、日頃から「改善したい」という気持ちで向き合っている短所は
言葉として表現しやすいということだそう。たしかに、複数の長所を
すみやかに言葉にすることは難しいことですよね。
 
今回は、先日解禁されたボジョレー・ヌーヴォーの販促手法から、
現地フランスのボジョレーワイン委員会が毎年発表するワイン評価
に関するニュースをご紹介します。毎年、多くの消費者が目にする
この評価。「今年は最高!」と発表し続ける、アグレッシブな
コピーを、まずはご覧ください。
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
ボジョレー・ヌーヴォー、毎年「今年は最高!」の怪
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
毎年のように盛り上がるこのボジョレー騒動で、
「今年のボジョレーはダメ」という評価を見た記憶がない。
それどころか毎年のように「今年のボジョレーは最高!」
という評価ばかり目にしているような気がする。
 
そこで過去15年のボジョレー評を新聞記事などから調べてみた。
 
95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
 
「ダメ」どころか「まあまあ」さえ、ない。こうなると、
「○○年に1度」という評価が下されない年、近年で言えば
04年、07年、08年などが恐らく「まあまあ」「そこそこ」
だったのだろう。それにしても、01年「ここ10年で最高」
→02年「01年を上回る」→03年「100年に1度」の3年間
の流れはかなり味わい深い。
 
今年のボジョレーだが、現地フランスのボジョレーワイン委員会
によれば「09年のボジョレー・ヌー ヴォーは、「『並外れた年』
と言われた03年と05年をも越えるであろう」ということらしい。
 
 
(引用)アメーバニュース(11月17日 23時34分配信)
ボジョレー・ヌーヴォー 毎年「今年は最高!」の怪
https://news.ameba.jp/domestic/2009/11/50326.html
 
——
 
「世界中から注目されるのに、よくもまあ毎年・・・」なんて、
皮肉な意見も聞こえそうなものですが、売上げを上げるための
アグレッシブなワンフレーズを発信し続けていること自体、
どこか関心させられるものがあります。また「今年はどうくるか?」
と、ひそかに発表を楽しみにしている人もいるかもしれませんね。
 
転職活動に話を移すと、ボジョレーと同様、自分品質(スキル、
実績、性格等)を多少オーバー気味に表現していくことは必要。
そもそもボジョレーのコピーがオーバー気味に見える要因には、
ワインの解禁が「毎年」のイベント事になっていること、さらに、
常に「世界中」の人が目にするものだから。
 
その点、転職活動とは(基本的に)毎年必ず行うものではなく
アピールする相手は毎回異なります。だからこそ、すこしだけ
ボジョレーのアグレッシブな販促コピーを見習って、自分の
良い点を端的に積極的にアピールする姿勢を大事にしてみる
ことは、転職クリエイターにとってよいことだと感じます。
 
面接の段階で自己アピールをする際には(ボジョレーに習って)
・「自分品質」を整理し、端的に表現する
・ワイン評価委員会のような、自分「以外」の評価を参考する
・話に「ストーリー性」を持たせて相手に与える印象を強くする
こういったポイントが参考になりそうです。
 
クリエイターとしての「自分品質」。今年は出来はいかがですか?
 




pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.