HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


侮れない「モテ声」の威力

June 23, 2011

■■ コラムVOL.87
■■ 侮れない「モテ声」の威力
 
モテ声の威力イメージ
 
 
この数字がなにを表しているか、おわかりでしょうか?
 
・視覚:55%(表情/仕草/服装など)
・聴覚:38%(声の高さ/大きさ/抑揚など)
・言葉: 7%(言葉遣いなど)
 
心理学者アルバート・メラビアンによる実験(※メラビアンの法則)
による【ヒトの第一印象に影響する要素】を数字で表現したものです。
 
ここで注目していただきたい数字は「聴覚」38%。
高いとするか低いとするか、判断は人それぞれと思いますが、
「聴覚」がもつ重要度を改めて認識できる実験結果と感じます。
 
世の中の転職ノウハウには「ハキハキした声を」とか「信頼感を
イメージさせる声を」とか、声にまつわる色んな情報がありますが、
今回はもっとダイレクトに【一般受けするモテ声】についてご紹介
したい記事があります。先月5/8(声の日)から1ヶ月間限定でOPEN
していた『モテ声カフェ』企画者であり面白法人カヤックCD鈴木啓央氏
のインタビューから、” 最も異性がキュンとくる声を出す方法 “です。
 
<以下、引用>
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
女性声の人気は、鍵盤ほぼ中央「 レ# 」
男性声の人気は、それより1オクターブと2音低い「 シ 」
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 
――女性は高い声、男性は低い声が「モテ声」なんですね。
持って生まれたものを変えることってできないんじゃ……?
 
「確かに、声は骨格である程度は決まってしまうものですが、
トレーニング次第で変えることができます。モテ声を出すため
の要素はほかにもあるので、ポイントに分けてお教えします」
 
 
■明るい印象の声
「一番重要なのは、口角を上げてしゃべることです。
音の響きが良くなり、明るい印象の声になるため、
相手に好印象を与えることができます。」
 
■高さ
「高くしたいならば、こちらも口角を上げることが大切です。
これだけで1音くらい上がったりします。もっと低くしたいと
いう男性の場合、胸に響かせるように発声してみてください。」
 
■耳への入りやすさ
「人間の耳は、3,000Hzを中心とした周波数帯の音に対して
敏感に反応します。この域の周波数が出ていれば、声の音量
が小さくても聞こえやすくなります。こうした声を出すには、
腹式呼吸で発声するといいでしょう」
 
■大きさ(音圧)
「腹式呼吸による発声がポイントです。常に姿勢を正しくする
ことで、声は良くなります。寝る前、あおむけになっている
ときにコツをつかむことがあるので、意識してみてください。
胸式呼吸による発声だと、聞き返されたり、声が遠くまで
届かなかったり、話していて声が嗄れることがあります。」
 
■柔らかい声を意識する
「鼻に響かせた柔らかい声が最近の『モテ声』トレンドです。
福山雅治さんや森本レオさんなど。そういう声かどうかは、
鼻をつまんで声を出してみると分かります。鼻をつまむと
うまく声が出せなくなるという人は、鼻に響かせている声
なので恋愛向きでしょう。逆に鼻をつまんでも声が変わらない
という人はハキハキして信頼感のある声なのでビジネス向きです」
 
(朝井麻由美/プレスラボ)
(引用元)「コブス横丁」COBSキャリア
モテ声カフェに聞く 最も異性がキュンとくる声を出す方法
https://career.cobs.jp/level1/yoko/2011/05/post_987.html

 
—–
 
まとめると、一般受けする「モテ声」を出すポイントは3つ。
1)口角を上げて声を出す
2)姿勢をよくして腹式呼吸をする
3)「モテ声」の音程やトレンドを知る
 
いまのモテ声トレンドは”鼻にかかった声”とのことですが、
恐らくこの基準は、受け手によってバラつきがあるものだと思います。
ただ一つ言える事は、自分に「耳心地の良い声」があるように大事な
相手にとって自分の声がそうであったらいいと誰しもが願うということ。
 
信頼感でもなく安定感でもなく「モテ声」。
ちょっと奇抜なアドバイスに思えますが、とくに初対面の出会いが多い
転職活動では、意外と侮れないポイントです。普段意識していない人で
あるほど、何かしらのプラス効果が見込めるかもしれませんね!
 
 
(※メラビアンの法則)
「視覚」「聴覚」「言語」で矛盾した情報(皮肉を込めた誉め言葉や
親愛の念を込めた文句など)が発せられたとき、聞き手は言葉と表情
のどちらに重きを置き、相手の感情や態度を判断するのか、という
心理学者アルバート・メラビアンによる実験
 




pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.