HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


カピバラが「お金持ち体質」を教えてくれる

July 14, 2011

■■ コラムVOL.90
■■ カピバラが「お金持ち体質」を教えてくれる
 
カピバラツボ押しイメージ
 
 
先日、お知り合いクリエイターからお腹を抱えるほど笑えるブログを
紹介してもらいました。タイトルは「ウケる日記」。まさに名の通り、
もれなく”ウケる”エントリーに出会えるブログです。そして今回は
その中から「ブログ始まって以来の有益な情報(筆者談)」である
<お金持ちになる方法>をご紹介したいと思います。
 
ブログ主は、著作「夢をかなえるゾウ」「四つ話のクローバー」、
DVD作品「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本を行う水野敬也氏
(@mizunokeiya)、お金持ちになる方法について水野氏らしい
文体と抜群の発想力で語られています。
 
<以下、引用>
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
お金持ちになれない落とし穴は、カピバラから学ぶ
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
僕の仕事は技術や方法論を文章でお伝えすることなのでまだ発表して
いない技術がたくさんあるのですが、その中から皆さんが特に興味が
あって、お役に立ちそうなものを書きたいと思います。
 
それは「お金持ちになる訓練法」です。
 
僕のライフワークは「攻略」であり、過去、様々な分野こ攻略するために
研究を重ねてきました。その中で、多くの人の興味の対象である「お金」
に関して研究していた時期もあります。お金持ちの人を見かけたら
話しかけて仲良くなったり、直接会いに行ってお金の話を聞いたり
していたのですが、結局のところ、お金持ちになるための方法は
(みなさんも聞いたことがあると思いますが)
 
他人を喜ばせることを楽しむ、ということでした。
 
僕がお会いしたお金持ちの人の中には「お金」そのものに対する
嗅覚の優れた人たちもいましたが、その人たちは「スポーツが得意」
みたいな感覚で「お金」に通じている人たちだったので、そちらの
道は自分の得意とするものではなかったので、結果的に、当たり前の
考え方に行き着く形になりました。
 
僕は「他人を喜ばせることを楽しむ」という感覚を誰でも味わうこと
のできる訓練のようなものはないだろうか?と。何年も探し続けて
きたのですが、実は去年「完璧な訓練法」を見つけました。
ちなみに、その訓練には動物を使うことになります。
 
カピバラです。
 
この動物が、私たちをお金持ち体質にしてくれる鍵を握っているわけ
ですが、僕は昔から動物に興味があり、ある日何気なく「ダーウィンが来た」
を見ていたところ、その中である映像を見たとき思わず「うそだろ」と
身を起こして画面に近づいてしまいました。番組内で紹介されていたのは、
カピバラにはおしりのあたりにツボがあってそのツボを触ると気持ちよく
なってゴロリと倒れるという映像だったのです。テレビ画面の中ではカピバラ
たちがツボを触られただけでウソみたいにゴロゴロと転がっていました。
 
「長崎バイオパーク」という動物園のカピバラ園での話だったのですが
あまりの衝撃でいてもたってもいられずその次の週に、長崎に飛びました。
実際に長崎バイオパークで近くにいた飼育員の方をつかまえて、詳しく
話を聞いてツボを刺激していったのですが、まず、カピバラのツボを刺激
し始めると、カピバラの毛がパパパッと立ち始めます。カピバラからの
「そこ、気持ちいいよ」という合図なのです。そしてさらに刺激を続けると
後ろ足から崩れるように膝をつきさらに気持ちよくなるとそのまま横に
ゴロンと倒れるわけです。最後には白目をむいて「めっちゃいい、めっちゃ
いいわ」といった表情をします。これがもう、めちゃくちゃ楽しいのです。
 
そして、これこそが「他人を喜ばせることを楽しむ」を誰もが具体的に
実感できる訓練法だと僕は思いました。バイオパークを訪れた日、他にも
たくさんお客さんはいたのにカピバラのツボを刺激してカピバラをガンガン
倒しているのは僕一人でした。
 
なぜか。
 
その理由は、カピバラのツボの位置は、太ももの付け根の部分にあり、
つまり、ツボ付近には汚物がひっついている可能性があり、というか
実際にひっついています。それが、他の観光客の方が敬遠した理由
なのではないかと考えられます。
 
ただ、その理由でツボを刺激しないことに、
まさに、お金持ちになれない「落とし穴」があるのです。
 
誰だって、おいしい物を食べたり、他人に喜ばせてもらうことは「楽しい」。
だからこそ、多くの人は「お客さん」になろうとします。そこでたくさん
お金が欲しいと思うのですが、「お客さん」になろうとすればするほど
お金を使うことになるので、お金はどんどん自分から逃げていってしまいます。
 
しかし、誰かを喜ばせるという「面倒」で「大変」でな作業の向こうには
今まで感じたことのない感動が待っている。そして、その感動を味わうこと
ができた人だけが「他人を喜ばせる」ことを楽しめるようになるのです。
 
つまりは、多少困難なハードルが用意されており、しかし、そのハードルを
乗り越えることによる快感が分かりやすい形で存在するその両者を完璧な
バランスで満たしているのがこのカピバラのツボ刺激なのです。
「お金持ちになりたい」と思う人はぜひ休みの日を利用して長崎バイオパーク
に行き、「カピバラを倒しまくる」という自己投資をお勧めします。
 
PS.
ちなみに僕はバイオパークに行った日、閉演間際までカピバラ園で過ごし
長崎バイオパークにいる30頭近くのカピバラをすべてなぎ倒すという
前人未到の記録を樹立しました。↓がその戦いの記録です。
https://ameblo.jp/mizunokeiya/image-10896815980-11238705692.html
 
 
(引用元)ウケる日記「お金持ちになる方法」
https://ameblo.jp/mizunokeiya/entry-10896815980.html

 
—–
 
いかがでしょうか^^
 
クリエイターの皆さんは特に、クライアントやエンドユーザ等に対して
より直接的に「喜ばせる」仕事をしています。ニーズに応えようとか、
要望を上回る提案をしようとか、そんな風に考えて仕事を進めるほどに
そこにはとても大きな労力がかかっていくことになるでしょう。
 
毎日の過酷な業務に苦しみ、自分のキャリアを「俯瞰」できなくなって
しまった方がもしいるならば、このエントリーを一度読んでほしい。
そんな風に感じられる内容でした。
 
※ちなみに「ウケる日記」その他エントリーはもうすこし砕けた
内容で読み物として秀逸です。そちらもぜひお楽しみください。
 




pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.