HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


Time is (     )

June 06, 2013

■■ コラムVOL.183
■■ Time is (     )




< 1日 = 24時間 >


誰にでも平等に与えられる「時間」。
けれど、与えられた「時間」をどう使うかは、
すべての人に平等とはいえないように思います。

目に見えなくて、
とらえどころがなくて、
けれど大切な、
わたしたちの「時間」。

ふと気づけば「忙しい」が口癖になっている人に、
ぜひお読み頂きたい文章がありました。

1960年新潟県生まれ、童話作家である吉田浩氏の
書籍『人生の時間銀行』からの転載です。


<以下、転載>

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  Time is (     )

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



“あなたは、1冊の預金通帳を持っています。

 その通帳には、毎朝、

 銀行から8万6400ドルが振り込まれます。

 しかし、夜には、

 口座の残高は空っぽになってしまいます ”



これは実際にアメリカで流行ったチェーンメールで
時間をお金にたとえたものです。


「時は金なり」というように、Timeをひっくり返すと
Emit(お金を発行する)を意味します。時間という
目に見えない価値を考える機会が得られます。


1年の価値を理解するには、
入学試験に失敗した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、
お腹にあかちゃんのいる母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、
週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには
待ち合わせをしている
恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、
ちょうど電車を乗り過ごした人
に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、
たった今、事故を避けることができた人
に聞いてみるといいでしょう。

0.1秒の価値を理解するには、
オリンピックで銀メダルに終わってしまった人
に聞いてみるといいでしょう。


時間は何とでも交換できます。

0.1秒を争う選手たちは何万時間と練習をしています。

永遠に続かない「時間」と向き合ってみてはどうでしょうか。



◇◇◇『人生の時間銀行』吉田浩(扶桑社)
カスタマーレビュー@ヤット|https://amzn.to/11EjMOF

—–


さて、いかがでしょうか?

・自由で豊かな時間を持つか
・何かに縛られた窮屈な時間を持つか

「遊び・無駄」から生まれる数々のクリエイションがあるように、
創造的職業に就く皆さんには、ぜひ、豊かな時間の使い方をして
いただきたいな、と思っています。

「時間マスター」への道、まさに自分次第といったところです。




pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.