HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


決断力は「おなか」から

March 23, 2016

■■ コラムVOL.317
■■ 決断力は「おなか」から
 

160323_tip

 
| 決断力は「おなか」から |
 
 
こういう一説があります。
 
『体より脳の方がずっと攻撃的だ』
 
また、
 
『攻撃的な脳の暴走を止められる
 のは、唯一、体である』
 
とも。
 
コレなんとなく分かる気が
するんですよね。
 
たとえば、怒りの感情に
飲み込まれそうになったとき、
 
「遠くを見上げて、
 ゆっくりと息を吐く」
 
みたいに「体」に救われる瞬間
ってかなり多くあると思うんです。
その方が怒りの対象に向き合うより
ずっと有益だと「体」がわかって
いるんですよね。
  
そんなわたしたちは、日常の中で
論理性とか戦略性とか、脳を鍛える
ことに余念がありません。
 
では「体」の方はどうでしょうか?
 
脳と体が別々に切り離せない関係
ならば、脳の知性だけでなく、
「体の知性」について、もっと深く
考える機会があってもよいのでは
ないかと思うのです。

たとえば、「決断するとき」など
体はわたしたちを救ってくれます。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
 
私たちは思考という行為を頭脳
だけに任せ、あれこれと選択肢
を考えます。それを実行すれば
生きていく上での安心が得られ
ると思っています。
 
(中略)
 
けれども人間の生存の鍵を握るのは
思考ではなく、立って歩くことです。
これがサバイブの基本です。
 
(中略)
 
体をフルに使って動くとき、
足裏で地面の状況を知り、
耳で音を捉え、
髪で風の揺らぎを知り、
きな臭い危険の予兆を
鼻で嗅ぎといったように、
歩きながら環境のめまぐるしい
変化を瞬間的に計測しているからです。
 
体感とは思考では達成できない知性の
発現です。つまり、頭だけでは処理
できない複雑で高度な計算を全身を
使って行っているわけです。
 
(中略)
 
この「全身を用いた計測」は
未知に向けられています。
 
(中略)
 
未知は怖いものです。それは常に
頭の思い描く想定の外にあります。
 
だから、あれこれ情報を集め、
選択肢を増やし、比較すれば
最善の策を考えられそうに
思えるのですが、あれこれと
頭で考えているときに実際に
起きているのは、思考ではなく
迷いです。だから考えるほどに
不安になり、決断は遠のきます。
 
(中略)
 
「腹が据わる」「腹を括る」
 
という慣用句が示すのは、古の時代の
決断は思考ではなく、内臓のもたらす
感覚によって導かれていたことです。
これらは情報の精査による正誤の判断
の果てにもたらされたものではないで
しょう。
 
なぜなら決断とは、正解を出すこと
ではないからです。決断とは正誤を
問わず、導かれた答えの後に続く
すべての行動の責任を負うことに
あるからです。
 
 
 

(転載元)小さな組織の未来学
「腹を括る」──選択に迷った時、いかにして決断は可能か(尹 雄大)
https://www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/15/100700009/100800001/


 
   
//////////////
 
 
 
脳からの信号が体を動かすのは
周知の事実。でも決して、指令
を出せる脳が偉いワケじゃない。
 
体だって、自然に反応すること
のなかで脳を活性化し、鍛えて
いくものだと思うのです。
  
”決断は「脳」で正解を出すこと
ではなく、導かれた答えの後に
続く全ての行動の責任を「体」
で負うこと”
 
ずっしりと、お腹に響く
メッセージでした。
 
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
https://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.