HLYWD TIPS[ハリウッド・ティップス]|クリエイターの仕事・発想コラム


recent post

archives


洗濯物はどうでしょう

January 20, 2016

■■ コラムVOL.308
■■ 洗濯物はどうでしょう
 
160120_tips

 

| 洗濯物はどうでしょう  |
 
 
友人に『水曜どうでしょう』
の熱狂的なファンがいます。
 
ご存知でしょうか。
北海道の地方局からはじまり、
いまや全国区の人気バラエティ
になったTV番組です。
 
なぜそこまで好きなのか?
友人に聞いてみたところ、
 
「人間の生きる力を感じるから」
 
だそうです。

なにやら、’どうでしょう’の人々は
ロケで追いつめられるほど、過酷に
なるほど、それはよく笑うということ。
そしてこれが、友人が考える
「生きる力」だということ。
なるほど。

ところで、みなさんは
「あーなんか、調子わるいな」
「うまくいかないや」と感じる
ときに見える ” 兆候 ” を
ちゃんと自覚できていますか?
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
  
 
『調子悪いときのチェックリスト』
 
・愚痴つぶやいてませんか
 
・良い本読んでますか
 
・日用品で切らしちゃってる
 ものありませんか
 
・洗濯物たまってませんか
 
・わざわざいらつくツイート
 自分から読みにいってませんか
 
・調子悪いのは実は自分じゃ
 なくて彼や彼女じゃないですか

 

(転載元)[Twitter]ひらめきメモ@F太(fta7)
https://twitter.com/shh7/status/19650541462228994

 

 

//////////////
 
 
とくに、日用品とか洗濯物とか、
目に見えるものの不足は、多くの
人が共感しやすい不調の兆候です。


家をキレイに保つには
人を呼ぶのが一番。
心をキレイに保つには
人と会うのが一番。
 
人に会って、一緒に不調を笑い 
飛ばすくらいがちょうどいい。 
すくなくても、不機嫌でいるより 
ずっといいですよね。 
 


 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
https://hlywd.co.jp/form_interview.html

 

 




pagetop

持続という名の「孤独」

January 13, 2016

■■ コラムVOL.307
■■ 持続という名の「孤独」
 
160113_tips

 

 

 

| 持続という名の「孤独」|

 
 
どんなにあせっても、
泣いてもわめいても、
すべての扉がひらかない
ことってありますよね。
 
そんなとき、みなさんは
扉を叩き続けるでしょうか?
一旦、叩くのを止めますか?
それとも叩き壊しちゃいますか?
 
たとえば、まだ誰も手がけたこと
がない新しいプロジェクトにおいて、
 
「これって成功するの?」
「やってても手応えなし…」
「リーダーしっかりしてよ!」
 
なんて具合に、扉を開ける鍵が一体
どこにあるのかと焦ったり、そもそも
鍵なんてどこにもないんじゃないかと
疑ってみたり、そんな人は決して
珍しくないように思います。
 
そう。誰だって、いつだって、新しい
ことには不安がつきもので、もっとも
安全なのは「様子見」だってこと、
わたしたちは、よく知っています。
 
 
/// 以下、引用・転載 /////
 
 
新しいことをやり始める時
そのことを心からやりたいと
思う同僚や部下がいることは
まず無くて たいていは
口には出さなくても
そのプロジェクトの成功を
信じていない
連中の集まりですから
結果を早く出すことを
リーダーは要求されます。
 
そんなことは 
実際は不可能ですから
新しいことをやろうと
するには 一人で始めるか
ごく少人数で始めるのが
正しいのです。
 

 
一人で始めるか
少人数で始めるということは
当然進行は遅くなりますから
時間はかかるわけです。
 
しかし
その進行の遅さを理由に
クレームを受けることは
普通ありません。
 
結果が直ぐには出ないことを
当事者が納得していれば
いいのです。
結果が直ぐにでないことを
やり続けるということの
困難は想像を絶しています。
 
やり続ける力を
持続力といいます。
持続とは
孤独の別名かもしれません。
 
 

(転載元)「集中力と持続力」
丸山茂雄の丸山ワクチンでがん治療・がん予防
https://d.hatena.ne.jp/marusan55+55/20100909

 


  
//////////////
 
 
疑いながら進むのと、
信じながら進むのとでは、
未来の景色が違います。
 
もしみなさんが、
成功が約束されていない
プロジェクトにおいて、
結果を要求される
リーダーだったなら?
スタッフの一員として
そこに配属されたなら?
 
それぞれの視点から、考えて
みるとよいかもしれません。
 
持続という名の「孤独」に向き
あう相手のもとにわざわざ出向
いて「それは違う!」などと
主張するのは、ナンセンス。
 
その言動そのものが、扉が開く
のを妨げる要因になるかも
しれないのですから。
 
 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
https://hlywd.co.jp/form_interview.html

 

 




pagetop

郷さんが変わらない理由

January 06, 2016

■■ コラムVOL.306
■■ 郷さんが変わらない理由

 

160106_tips

 
| 郷さんが変わらない理由 |

 
年末年始とか、同窓会とか、
「かつての旧友」に再会する
タイミングがありますよね。

 

昔とほとんど「変わらない」人が
いれば、誰だかわからないくらい
「変わっている」人もいます。

 

誰だって、月日を経て、年齢を重ねる
ことで、姿カタチを変えていきます。
これは、見た目だけの話ではなく、
コミュニケーションの手段も考え方も
間違いなく、変わっていきます。

 

では、若いときと変わらないファッション
に身を包んでいれば「変わらない」のか?
若いときのコミュニケーションをとりつづ
けていれば「変わらない」のか?

 

いいえ、きっとそうではありません。

 

もし、いま目の前に昔と「変わらない」
人がいるならば、その人は、その時代の
モノサシにフィットするように、いつも
「変化している」のだと思います。

 

今年はじめのTIPSは、昨年末の紅白歌合戦
で全歌手のトップバッターを務めた歌手、
郷ひろみさんの有名な名言をご紹介します。

 

変化の激しい芸能の世界で、還暦を迎えても
なお、第一線で活躍し続ける、郷さんらしい
言葉です。

 
 
/// 以下、引用・転載 /////

 

 
” 変わらないようにみえるということは、
 僕なりに一生懸命、時代の変化について
 きているからなんです。僕たち歌手は
 変化についていかなければ、すぐに
 過去の人になってしまう。
 変わり続けているからこそ、
 僕はなんとかここにいられるのかも。
 変化のない人間には、成長がないから ”

 

 

(転載元)女性自身
「モテると思って…」郷ひろみが肉体鍛錬を始めたワケ
https://bit.ly/1PerhVS

 

 
//////////////

 

 
「変わないために、変わる力」

 

これは、仕事でも一緒ですよね。

 

変わらない評価を受け続けるためには、

結局のところ、柔軟に変わり続ける意志
が必要。人や社会が変化しつづけている
限り、「変わらないために変わり続ける」
姿勢が大切だということがわかります。

 

2016年のわたしたちも、変化を楽しみ
ながら、前に進んでいきたいと思います。

 

 

▼個別面談(インタビュー)申込みはコチラ
https://hlywd.co.jp/form_interview.html

 




pagetop

Page   11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  


infomation

HLYWD AGENT

BYND

hlywd blog

tips

コワーカーズエリア

tokyodive

ネタリウム


Copyright(c)HLYWD AGENT JAPAN INC. All Rights Reserved.