完パケ動画で一貫したストーリーを伝える

Vlog、MV、ショートフィルム・・・。一眼カメラやスマートフォンなど、機種に依存しない撮影技法から、素材をPremiereで編集して公開するまでの一連のワークフローを学び、一人または少数の完パケ動画制作技術を習得します。さらに、カラーや演出技法を加えることで、一歩進んだシネマティックな動画表現ができる動画クリエイターを目指します。

受講時間 約20時間(5回) 定員 各クラス16名 スタジオ BYND AOYAMA
受講スタイル

BYND ウィズ ライブ

スタジオセッション(通学)を軸に、ライブセッション(在宅)も併用となります。
スケジュールや状況により柔軟な受講が可能となります。

※受講管理のため、入学時に「スタジオセッション」「ライブセッション」の希望を確認させていただきます

セッションプログラム 開講予定日 時間
水曜 土曜 日曜
(満席)

Premiereベーシック

・オリエンテーション
・編集環境の設計/最適化
・基本操作の習得
・カットトレーニング
・チャレンジワーク
11/18 11/21 11/22 10:00〜16:00

動画編集実践

・フィードバックタイム
・トランジションワーク
・色調補正基礎ワーク
・チャレンジワーク
11/25 11/28 11/29 10:00〜16:00

動画演出基礎

・フィードバックタイム
・演出力アップワーク
・カメラムーブワーク
・チャレンジワーク
12/2 12/5 12/6 10:00〜16:00

動画完パケ

・フィードバックタイム
・完パケ動画マネジメント
・総合演習:シネマティック演出
     編集トランジション/カラーコントロール/タイトルエフェクトほか
12/9 12/12 12/13 10:00〜16:00
【オプション】ワークス・リフト講座:スケッチ・フォー・ビデオ 水曜|12/16,23
土曜|12/19,26
日曜|12/20,27
10:00〜16:00

ワークス・プレビュー

・ファイナルワーク(卒業制作)の発表 2021/1/3(日)
[合同開催]
14:00〜

※セッションプログラムは一部改定される可能性があります。

受講対象者
・ノートPCをご持参いただける方
 ー  Premiereソフトインストール済( バージョン CC2020/PC用バッテリー )
 ー  RAM(メモリ)は 、最低8GB
・動画撮影機材をご持参いただける方(デジタル一眼カメラ/ビデオカメラ/スマートフォン等)
・(ライブセッションの受講)ご自宅にWi-Fi環境があり、動画が問題なく視聴できる方
サポート
・ライブセッションのアーカイブでの動画補講が可能です。
・スタジオではTA(テクニカルアドバイザー)のサポートが可能です。
・ライブセッションのみの受講の方は、ナビゲーターによるパーソナルセッションが可能です。(Zoom)
・スタジオ・ライブ共に、セッション終了後30分間「Qタイム」として、TAへの質問対応が可能です。
その他
・各クラスの最小開講人数は5名となります。
・スタジオセッションは休憩時に「ロケ弁」をお出しします。
・スタジオ内は、FREE Wi-Fi環境があります。
・受講中に撮影した皆さんの様子や、つくられた作品を、Webサイトなどでご紹介させていただく場合がございます。
料金
ビデオグラファー 88,000円(税込96,800円)
コンプリートパックA
(ビデオグラファー + スケッチ・フォー・ビデオ + モーショングラフィッカー + チューン・オブ・モーション )
211,200円(税込232,320円)

コンプリートパックB
(ビデオグラファー + 一眼動画シューティングラボ + スケッチ・フォー・ビデオ)

180,400円(税込198,440円)

ダブルパックプラス
(ビデオグラファー + モーショングラフィッカー + ワークス・リフト講座1つ)

180,400_円(税込198,440円)

ダブルパックA
(ビデオグラファー + モーショングラフィッカー)

149,600円(税込164,560円)

ダブルパックB
(ビデオグラファー + 一眼動画シューティングラボ)

149,600円(税込164,560円)

ビデオパック
(ビデオグラファー + スケッチ・フォー・ビデオ)

118,800円(税込130,680円)

※その他の組み合わせをご希望の方は、説明会にてご相談ください。

受講生作品例

前回のビデオグラファー授業の様子・受講生作品は、こちらをご覧ください。